本文へスキップ

燕三条園芸製造一番館は、製造業として金物の町で50年営んだカネコ総業が新商品(ウェイビー・可変具・昇龍の鋼・まな板)などをどこよりも早く発信いたします

TEL. 0256-45-2249

〒959-1113 新潟県三条市大面65

会社方針CONCEPT

会社方針

人とのかかわりを一番重要に考えています。出会いから始まり、物心の豊かさを共有し、友愛を持って人類の発展と幸福を目標の一つと考えます。
カネコ総業は今も小さな会社です。資金も力もありません。ただ、頼れるものは出会った仲間と、目標達成の5段階を確実に進めていくことかと思います。地域と協力をしていただいている会社や家族の発展のために一人ひとりが信じあい、手を取り合い精一杯努力する、経営者も命をかけてみんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲のためではなく、社員のみんなが本当にこの会社で働いてよかったと思う、カネコ総業と出会ってよかったと仲間的な強い絆の考えがカネコ総業の経営の心です。


CEOメッセージ

カネコ総業

当社は1956年、玄能の柄など工具類の柄の加工からスタートし、その後、鍬などの農具や工具類、園芸用品、土農用品の製造業を致し全国のホームセンター、金物店、通販、生協様をはじめ三越の日本橋本店でも販売をいたしました。ホームセンターから有名百貨店までの販売チャンネルに対応致してまいりました。金物の町燕三条と言う立地的に金属と木部との開発は当社としては最大の武器であり、あらゆるニーズに対応致し園芸用品は当然アイテム数が1400類に及び日本全国その地方に合ったデータにも対応致しており、百貨店、通販においては、キッチン用品、まな板、インテリア用品等でも非常に多く対応致しております。また、金属関係木製材も全国の材料や、海外からは中国、インドネシアなどからも輸入をいたしております。しかし、近年は、食品に使うものであれば、国産の材の要望が多くなっています。また、2014年グッドデザイン賞も受賞しました。


会社沿革

1957年
三条市仲之町において木工所創業。玄能の柄など工具類の柄の加工からスタート。
1958年
鍬など農具の柄の加工を始める。
1959年
工具類、園芸用品、土農用品の頭部を市内の製造業とタイアップし、完成品として販売。
1960年
現在のマーケティングの始めとなる市内の金物店様への供給が進む。
1989年
幅広いマーチャンダイジング対し、カネコ総業株式会社に商号変更。
2005年
工場へ本社機能を移転増床。2010年基本の園芸用品・土農用品・木工加工に新分野・ギフト商品・インテリア商品も発売へ。
2010年
ドイツ、アメリカへ輸出。
2014年
Gマーク取得(木のギフトボックスシリーズ 2014年度グッドデザイン受賞)。

バナースペース

カネコ総業株式会社

カネコ総業本社
〒959-1113 新潟県三条市大面65

TEL 0256-45-2249
FAX 0256-45-5036

東京事務所・東京企画室
〒113-0033 東京都文京区本郷
TEL 033-818-1371